梅田川支流4(レイウェル鎌倉方面)
概要
 小袋谷踏切近くの山裾からレイウェル鎌倉のある通りの下を流れて梅田川橋の下で梅田川に合流するすべて暗渠の川です。

本流 梅田川
支流 -

長さ (約1000m)

橋一覧
なし

遡行コメント

 全て道路の下の暗渠ですので、遡行は可能です。

特記事項
 川の定義のベースとした参考資料にはおらず、レイウェル鎌倉の通りも暗渠が下にあるとかんじさせるものがほとんどありません。しかし、鎌倉市の緑化計画の資料の流域別計画の柏尾川左岸上流部の水系図に記載されていること、合流点とされている梅田川橋の下を見るとかなりの量の水が流れ込んでいること、レイウェル鎌倉入口交差点より上流に相当する路地に暗渠の跡があることから、梅田川支流4として記載します。
 梅田川支流3で外見上大船4丁目から大船中学西側で梅田川本流に合流しているように見えるところ、実際は大船中学裏側で2ヶ所ボックスカルバートのなかに流れ込んでいるようですが、その流れはこの支流4であるようだと考えられます。
A 本流との合流点
 梅田川橋の下で梅田川本流に合流しています。
B レイウェル鎌倉入口交差点方向
 川を想像させるものはほとんどありません。
C レイウェル鎌倉入口交差点から先の路地
 向かって右橋に側溝の蓋らしきものが確認できます。
D 遡行限界
 鎌倉街道に並行した山際の道とぶつかるところで遡行の限界となります。


鎌倉雑記録 ホームページに戻る。